和歌山の新築木造住宅、リフォームは安心の家づくり丸良木材産業へ

[48]安心して快適に暮らせる住まい。 

 

 

家づくりを始めたきっかけと丸良を選んで頂いた理由は?

基礎にヒビが入るなどし、不安を感じたのでリフォームを検討し始めました。いくつかリフォーム業者を回ったものの納得のいく提案が得られなかったので、新築も視野に入れ始めました。
いくつかモデルハウスも回りましたが、丸良さんのモデルハウスに上がってみて、”しっかりしてる”と感じたので丸良さんを選びました。
また、担当してくれた営業さんが親身になって間取りを考えてくれたのも、大きなポイントでした。

 

 

家づくりのこだわりのポイントは何ですか?

できるだけ収納を多く取りたかったことと、内装の調和感も大切にしました。

 

 

ご新居での新生活が始まってからの感想をお聞かせください。

とにかく寒くない。しっかり断熱しているとは聞いてはいましたが、実際に体感して驚いている。床を裸足で歩いても冷たいと感じなくなりました。
外からの音も静かになりました。家の前を車が通っても、家の中で飼っている犬が吠えるまで気づかないほど。
電気代と水道代も以前と比べて減ったので助かっています。

 

先頭に戻る

 

 

建替え前の住まい。囲われていた住まいがオープンになり、日当たりのいいあたたかい住まいに大変身しました。

 

 

ゆとりのある玄関

余裕のある玄関には、長年いっしょに暮らしてきた金魚の水槽スペースも。

 

 

スッキリしたリビング空間

落ち着いた配色でまとめられたリビング。

タペストリーの下は、階段下収納になっています。

 

テレビの横にも天井までの収納を設けているので、掃除機の収納などにとても便利なのだとか。

 

リビングと隣接した床柱のある本格的な和室。
お仏壇の隣の収納の中は、階段下スペースも利用して、扉の幅以上の広さがあります。

 

先頭に戻る

 

 

■書斎スペースを持った寝室

8.4帖の寝室と3.6帖の書斎スペースを隣接させた部屋。
間取りの配置を工夫するだけで、書斎はひとつの独立した空間になっています。

 

建具もそれぞれの入り口に設けているので区切りることも可能です。
寝室にも上段とパイプ付の収納をたくさん取りました。

 

先頭に戻る

 

 

2階のホールには、1間近い収納を設けています。
可動棚にしているのでいろいろなものの収納に対応できます。

 

先頭に戻る

 

 

使い勝手を考えた、洗面・バスルーム

バスルームは白を基調にしているので明るく気持ちのいい空間に。

家族が毎日使う洗面スペースは、使いやすい収納の工夫をされていました。

 

先頭に戻る

 

 

M様邸インタビューを終えて

収納上手な奥様と優しいご主人。とてもすっきりとしていて居心地のよいお家でした。またインタビューの際、お褒めの言葉、お喜びの言葉もたくさんいただき、何よりの励みとなりました。

さらに今回、丸良を選んでいただいた理由として、「丸良のモデルにあがって歩いてみて、しっかりとしたつくりだと感じた」というお言葉をいただきました。 丸良の”表には出てこないところ”での努力も、お客さまにはきちんと伝わっているということが実感でき、大変嬉しいインタビューとなりました。

 

 

先頭に戻る

施工事例

お気軽にお問い合わせください! TEL 0120-928-207

施工事例

PAGETOP
Copyright © 丸良木材産業株式会社 All Rights Reserved.