和歌山の新築木造住宅、リフォームは安心の家づくり丸良木材産業へ

[32]黒と白のコントラストが魅力のお家

                                               

お客様インタビュー 奥様にお話を伺いました!

家探しを始めて丸良にご来場頂いたきっかけは?
子どもの入園を控え、家を考え始めました。私は知人を通して丸良を知り、主人は自分で調べていたところ、「テクノストラクチャー」を知り興味を持ったようでした。パナソニック好きなこともあり、もっと詳しく知りたかったので丸良のモデルハウスに行きました。

■丸良の家を選んで頂いた理由は?

家づくりについて、耐震や構造、間取り(収納)・デザイン性などを重視し、予算の中でどれだけ自分達の理想通りの家ができるかが重要なポイントでした。

丸良さんで決めたのは、テクノストラクチャーに惹かれ、価格も納得ができ、担当者のアドバイスやプランも自分達の理想通りだったからです。

■マイホームの住み心地はいかがですか?

家づくりに対してはたくさん希望があり、あれもこれもと欲張って予算ぎりぎりだったけれど、妥協せずにやりきったのですごく満足のいく家に仕上がりました。

前の家は狭かったので、子どもたちは広くなった家が嬉しくてのびのびと遊んでいます。はじゃぎ過ぎて、お気に入りの床と畳が傷いてしまった時はかなりのショックを受けましたが・・・(涙)子どもたちは「パパとママとお兄ちゃん(担当者)が考えたお家、めちゃかっこいいね~」と話しています。

■家づくりの中で印象に残ったことがあれば教えて下さい。

なかなか現場に出向くことができず、進行具合がわからない時、担当者さんが「こんなスケジュールで進んでいますよ」と知らせてくれてとても安心しました。

打合せの時には丸良のスタッフの方が、我が家の騒がしい2人の子どもたちと一緒に遊んでくれて本当に助かりました。毎回打合せに行くときが楽しみでした。

                                             

 

■我が家の自慢の空間で迎えるエントランスです。

玄関に入れば目を惹くのは高級感あふれるフロアー。お届けものを届けに来た配達員も「わぁすごいお家に来た!」とびっくりするのだとか。

タイルもブラックで揃え、玄関収納や建具は真っ白にしてコントラストが引き立つとても洗練された印象です。

正面の壁にはエコカラットを貼り、デザイン性を高めています。エコカラットとは、空間に合わせて自由に演出できる室内壁材です。イヤな臭いや結露の軽減・カビやダニの抑制・ホルムアルデヒドの低減など、暮らしの空気を健やかに保つ機能も兼ね備えています。

 

玄関には約1.5m×2mの土間収納も併設しています。元々は子どもたちの自転車を置けるようにと考えていましたが、自転車は外に設けた倉庫に入れるようにしたのでこの土間にはなんでも置ける、便利なスペースになりました。室内とも繋がっているのでとっても便利ですよね。

 

■我が家流LDKの住まい方があります。

内観イメージは、「床は黒、建具は白!」と決めていました。

一段と存在感溢れるフロアーが魅力のLDKにはこだわりがありました。TVの前でみんなで床に座ってテーブルを囲み、わいわい食べるのが希望だったのでダイニングテーブルは設けていません。リビングにもダイニングにもなるこの空間が大切なので、TVとの距離などにもこだわったんだそう。

 

なにかと忙しい朝食はキッチン前に設けたカウンターで済ませることができます。

 

■畳の部屋は欲しいけど、和室っぽくはしたくなかったんです。

LDKに隣接する畳の部屋は、和室っぽくはしたくなかったとおっしゃる通り、黒と白の縁無し半畳たたみがモダンな部屋に仕上げています。とにかく黒と白の配色に徹底的にこだわったお家の統一感には脱帽!

玄関からも繋がっているので来客時にも活躍しそうですよね。

 

                                             

 

■ママに嬉しいキッチンの配置。

掃き出し窓からの光が床の光沢感を一層高めるので、高級感が漂うLDKを眺めるのがとってもウキウキします。

ちなみにこちらの床材は標準仕様ではイメージに合うものがなかったので、これ!というものを担当と一緒に探し合ったそうです。

 

そしてなによりキッチンに立つ奥様にとって嬉しいこの視界。子どもたちの様子が見れるから安心だし、TVもばっちり見えますよね。キッチンからTV背面の壁まで約5.25mのこの距離感がちょうどいい♪

 

キッチンやカップボードの扉カラー、冷蔵庫などキッチン周りも白く揃え、統一感が保たれています。

見逃していまいそうな場所ですが、カップボード裏にあたる場所にパントリーを設置。奥行き約1.5m×幅1mあり、たっぷり収納することができますね。

                                             

 

■隠れ部屋?実は洗面室&バスルームなんです。

キッチンの隣には、なんだか隠れ部屋に通じるような、高さ約2m(だったかと思われます・・)の建具がこっそりとあります。実は洗面室、バスルームへと繋がっています。

階段部と干渉してしまうのを避けるために建具の高さを低めに設定していますが、それがちょっと隠れ部屋っぽくてお気に入りだったりするのだとか。

洗面室は洗面化粧台だけのスペースと脱衣所のスペースを建具を設けて分けています。「女の子がいるので分けたかったんです」と、家族であっても大切な配慮ですね。

洗面・バスルームは、玄関ホールとも繋がっているので回遊できる間取りになっています。

                                            

 

■2階は真っ白に統一し、明るい空間が広がります。

2階に上がると階段をぐるっと囲うように部屋が配置され、なんとなく部屋に居ても家族と向き合う感じがしますよね。ウォークインクローゼットはホールから入れるようにしているので、みんなで気兼ねなく使用できます。

バルコニーに隣接した部屋で、約4.5㎡のゆったりしたランドリースペースを設けています。家族全員の洗濯物も十分干せる広さなので雨の日も困らないし、かなり重宝しますね!

広く取りたかったというバルコニーは幅約6mあります!家族のお布団もラクラク干せますね♪

                                             

 

■家族みんなでごろんと寛げる寝室にしています。

寝室も白い床に白い建具、そして家具をブラックにしてコントラスト効果ばっちりです。ベッドフレームはセミダブルを2つ並べ、マットレスをダブルサイズ×2つというアイデアで、まだ小さい子どもと一緒に家族みんなでゆったり眠れるようにしています。

 

寝室には約2.3帖の書斎スペースも設けています。パソコンの組み立てなども得意なご主人様がご趣味をのびのび満喫できる空間です。

 

■子ども室も白く統一、成長と共に自分色に染めていきます。

子どものための洋室は、まだお子様が小さいうちは使用していません。かわいいピンクのカーテンを掛け、お子様が成長されたその時を楽しみにしていらっしゃいます。

 

■外観のイメージもしっかり決まっていました。

瓦屋根にはしたくなかったというM様。フラットな陸屋根にし、スタイリッシュなイメージ通りの外観になりました。

 

黒と白使いの素敵なとっても魅力的なお家、いかがでしたか?

外観や内観のイメージをすごくしっかりと決められていて、その思いを伝えて打合せをしたところ、プランは2回でほぼ決まったのだとか。とっても明るい雰囲気を持っておられるご家族様で、終始楽しい打合せだったというのが想像できます♪

 

■担当者からひとこと計画当初より、新築のデザインや資金計画等、しっかりと持たれていたので、私は
「デザインイメージを維持するように」
「資金計画を、計画範囲内に留めるように」
「専門家として、気にしないところのコーディネートに気にかけるように」
と心がけ、もちろんM様には上記の内容をご理解いただいた上で、お互いの役割分担を決め、計画を進めていきました。
今回お引渡しを経て、取材にも快くお返事頂けたこと、また、ご新居にて楽しく生活して頂けているところを見て、こちらも幸せな気分になり、大変嬉しく思いました。
今後もより一層のお付き合いお願いしたく思います。

施工事例

お気軽にお問い合わせください! TEL 0120-928-207

施工事例

PAGETOP
Copyright © 丸良木材産業株式会社 All Rights Reserved.